研究活動

機能性酸化物単結晶の育成技術の開発と新機能創成

田中 功 教授 綿打 敏司 准教授
田中功 教授 綿打敏司 教授
研究者総覧 | 研究室HP 研究者総覧 | 研究室HP

長尾 雅則 助教

長尾雅則 准教授 丸山祐樹 助教
研究者総覧 | 研究室HP 研究者総覧 | 研究室HP

高温超伝導体や光学材料などの機能性酸化物は,単結晶化することにより結晶構造や形状に起因して新機能を発現する。本研究室では,種々の酸化物材料について結晶形状・組成・品質などを制御する新しい単結晶育成技術の開発や特殊環境下での結晶成長を行っている。

現在の主な研究テーマ

1. 赤外線集中加熱を用いた単結晶育成技術の開発

赤外線集中加熱法の工夫等によって従来の単結晶育成技術では量産が困難な単結晶材料の量産化を目指した結晶育成技術を開発しています。

傾斜鏡型赤外線集中加熱炉
傾斜鏡型赤外線集中加熱炉

2. 酸化物単結晶の新機能創製

新奇な高導電体や電極材料の単結晶を育成し精密な物性測定を行うことで、新機能性や機能性向上を図っています。

酸化物単結晶の新機能創製

3. 機能性化合物の単結晶育成

フラックスと呼ばれる溶媒を用いた手法により機能性化合物の単結晶育成法を開発しています。これによって得られた単結晶を用いて、その化合物が持つ本来の物性を開拓し、材料研究を推進していきます。

育成結晶の一例
育成結晶の一例
TeO2系フラックスを用いて
育成した酸化物高
温超伝導体針状単結晶